HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

‘団体紹介’ カテゴリーのアーカイブ

感想提出フォーム

HIPからボランティア通訳者・ガイドとして派遣された方は、このフォームからHIPスタッフに感想をお送りください。感想文はホームページで公開する場合があります。メールアドレスや電話番号などの個人情報を公開することはありません。

通訳・ガイド活動の感想




お名前 *
ニックネーム
メールアドレス *
相手方のお名前・団体名
日時
通訳・ガイド活動の感想 *
感想のHP公開可否 本名で公開してよい
ニックネームで公開してよい
公開不可
その他
スタッフへの私信

* は必須項目です。


ガイド派遣依頼書

HIPにガイドの派遣を依頼されるときは、次の項目をご記入の上、送信してください。折り返し、スタッフよりご返事いたします。謝礼については本ページ下部をご確認ください。

ガイド派遣依頼書




お名前 *
団体名・部署名
メールアドレス *
郵便番号
住所 *
電話番号 *
FAX番号
必要人数
集合日時?終了時間
ガイドの内容 *

* は必須項目です。


HIPとしてはご希望に添えるよう努力いたしますが、何分にもボランティアの団体であり、希望日時に必要な人数を派遣することができない場合があります。あらかじめご承知おきください。1人のガイドが受け持てる人数は5?10人程度とお考えください。人数が10人を超える場合は複数のガイドをご依頼ください。

ガイドの謝礼はHIPへのカンパ1,000円、ボランティア1人・1日あたりの交通費1,000円となっています。ガイド1人の場合計2,000円となります。ガイドの人数は聴衆10人毎に1人が目安となります。25人の団体の場合、ガイドの人数は3人またはそれ以上としてください。

現在通訳者(逐次通訳)については、ボランティアとして派遣できる会員がおりませんので、ご依頼を受け付けておりません。なにとぞご了承くださいますようお願いいたします。

なお、依頼をいただいた人数の他に研修会員が伺う場合がありますが、研修会員への謝礼は結構です。

HIP入会のご案内

HIPへの入会を希望される方は、次のフォームにご記入の上、送信してください。

HIP入会申込書



件名 * 活動見学希望 | HIP入会申込書
お名前 *
メールアドレス *
郵便番号
住所 *
電話番号 *
FAX番号
メッセージ

* は必須項目です。


HIPへの入会希望を選択された方は、郵便振替で年会費800円をお送りください。入会金は不要です。

郵便振替口座 番号:01340-3-9550 加入者名:HIP

新入会者で、電子メールアドレスをおもちの方は、HIPの会員連絡用のメーリングリスト(ML)に登録させていただきます。また、活動見学ご希望の方は、会員外の方に例会等のイベント情報をお届けするメールニュースに登録させていただきます。MLとは、電子メールを利用した電子掲示板の仕組みです。会員の誰かがMLのアドレス宛に電子メールを送ると自分自身を含め登録されている会員全員に同じメッセージが届きます。

お問い合わせ

平和のためのヒロシマ通訳者グループ(HIP)へのお問い合わせにはこのフォームをご利用ください。
入会は入会申込書、派遣依頼は通訳・ガイド派遣依頼書をご利用ください。



お名前
メールアドレス
件名
メッセージ

【全ての欄に記入してください】


平和のためのヒロシマ通訳者グループ(HIP)とは

 平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP)は、ボランティアの通訳・ガイドのグループです。
 設立目的は、核兵器廃絶と世界平和の推進のため、ヒロシマ・ナガサキの被爆体験と平和への願いを広く世界に伝えることです。私たちにとって、外国語は世界平和に貢献するための手段と位置づけています。
 現在の会員数は80人ほどです。年齢層は20代から80代まで幅広く、外国語の能力はプロレベルの通訳ができる人から英会話の勉強を始めたばかりの人まで様々です。
 代表は小倉桂子です。

設立の経緯
 1984年、被爆40周年を前にしたヒロシマは世界中の注目を集めていました。当時は、米国とソ連(現ロシア共和国)の核軍拡競争が激しく繰り広げられていました。核戦争の危険が身近なものとして感じられ、世界中で反核運動が展開されていました。広島を訪れる外国人も急増しました。
 現在代表を務める小倉桂子は、海外から広島に来るジャーナリストや平和活動家などのために通訳やガイドを手配する仕事を個人で行っていました。しかし、個人でのコーディネートには限界があり、組織的な対応の必要性がありました。そこで、同年11月から始まった「ヒロシマ案内人講座」の第1回で講師として招かれた小倉は、講演後に通訳・ガイドボランティアグループ結成を呼びかけました。それに賛同した人々およそ20人で12月に平和のためのヒロシマ通訳者グループを結成しました。英語名は、Hiroshima Interpreters for Peace、略称は HIP (ひっぷ)としました。

現在までの活動
 HIPがその後行ってきた主な活動をまとめてみました。

 ・通訳ガイド活動
 ・被爆証言の通訳
 ・平和集会での海外ゲスト講演の通訳
 ・平和記念資料館、平和記念公園、原爆遺跡のガイド
 ・ジャーナリスト取材活動のコーディネート、通訳、アテンド
 ・国際討論集会の開催。広島在住外国人と共に企画した平和集会
 ・国際市民ラウンドテーブルの開催。原水禁海外代表を囲む交流集会

出版活動
 ・『ヒロシマ事典』 (Hiroshima Handbook)、 1985年7月
 ・『HIROSHIMA えいごあんない』、1986年7月
 ・『ヒロシマ事典』 改訂版 (Hiroshima Handbook, 2nd Edition)、 1995年7月
 ・『平和記念公園案内テキスト』 (A Guide to Hiroshima Peace Memorial Park)、1999年7月

連絡先
 ・電子メール hipstaff@hipj.org
 ・代表 小倉桂子  事務局長 山田順二

スタッフ専用メールフォーム

スタッフ専用メールフォーム




送信パスワード
言語 日本語
English
宛先メールアドレス
件名
メッセージ

【全ての欄に記入してください】