Live from Ground Zero: 75th Hiroshima Anniversary

A Live Stream in English by Hiroshima Interpreters for Peace

Program Updated! (August 5, 2020)

Our volunteer group, Hiroshima Interpreters for Peace (HIP), will live stream on YouTube to convey voices of Hiroshima in English on August 6th, 2020 — the 75th anniversary of the atomic bombing.

We’ll give a guided virtual tour of monuments and A-bombed buildings inside and outside Hiroshima’s Peace Memorial Park. Additionally, two atomic bomb survivors will share their testimonies.

Every year on August 6th, HIP has held the Special A-bomb Testimony in English, where visitors can listen to atomic bomb survivors’ experiences in English. But due to coronavirus, we’re taking our August 6th peace promotion activities online for the first time.

We believe this step will help promote the abolition of war and nuclear weapons by increasing global access to Hiroshima’s A-bomb experience. We hope Hiroshima’s message of peace will encourage people struggling to overcome coronavirus, injustice, and violence around the world.

The event starts with a greeting from Keiko Ogura, director of HIP, at 10am and we’ll finish live streaming with the lantern floating ceremony in the evening.

Program (subject to change)

  • 10:00am JSTyoutu.be/HZX-eI49tRM
    Message from Keiko Ogura, A-bomb survivor and Director of HIP
  • 10:30am JSTyoutu.be/UYtHS0reRuk
    Peace Park Tour I – Introduction to the Peace Park, Atomic Bomb Victims Memorial Monument, Pond of Peace, Flame of Peace, Children’s Peace Monument, Atomic Bomb Dome
  • 11:30am JSTyoutu.be/Xu5n3PM7AhY
    Peace Park Tour II – Statue of the Merciful Goddess of Peace, Monument In Memory of the Korean Victims of the A bomb, Atomic Bomb Memorial Mound, Peace Bell
  • 1:00pm JST youtu.be/An1c2ME75vk
    Interview with Kazuhiko Futagawa, in-utero A-bomb survivor
  • 2:10pm JSTyoutu.be/OLnh_B3iau0
    Peace Park Tour III – Monument in Memory of Dr. Marcel Junod, Monument to Norman Cousins, Memorial Monument for Barbara Reynolds
  • 3:00pm JSTyoutu.be/2eCopTUWCEU
    Live picture show about Keiko Ogura’s A-bomb experience plus discussion between Keiko and the high school student who drew the pictures
  • 4:30pm JSTyoutu.be/PCncDKknBPU
    Peace Park Tour IV – Rest House, Motoyasu river and bridge, Memorial Tower for Mobilized Students
  • 5:40pm JSTyoutu.be/jcLunjfGX70
    Peace Park Tour V – Yorozuyo Bridge with information about foreign students from Southeast Asia during WW2
  • 6:30pm JST youtu.be/WnPYN8eXYbA
    Lantern floating ceremony

YouTube channel Hiroshima Interpreters for peace
https://www.youtube.com/channel/UCNrNPHYIDjln9sthpaYwnpA
https://bit.ly/hiplive

Contact Information
Junji Yamada (HIP Chief Staff)
Skype: live:junji.yamada
E-mail: Visit our online message form
URL: https://www.hipj.org/

広島のボランティアガイドが75年目の原爆の日を英語で生配信

プログラムを更新しました (2020年8月5日)

プレスリリース

広島のボランティアガイドが75年目の原爆の日を英語で生配信

要約

平和のためのヒロシマ通訳者グループ(HIP)は、ボランティアの通訳者・ガイドのグループとして、平和をテーマにしたボランティアガイドを英語で行っています。

被爆75年目の8月6日、HIPのボランティアガイドが広島平和記念公園内外で、英語による慰霊碑と建造物の紹介や、英語による被爆者メッセージをYouTubeでライブ配信します。

イベント名称

75年目のヒロシマ原爆の日を英語で生配信
Live from Ground Zero: 75th Hiroshima Anniversary (英語)

イベントの概要

被爆75年目の8月6日、HIPのボランティアガイドが広島平和記念公園内外で、英語による慰霊碑と建造物の紹介、英語による被爆体験者メッセージをYouTubeでライブ配信します。このイベントを通じて広島市民の平和への思いを全世界に伝えます。

弊会として動画配信は初めての試みですが、平和公園ガイドを生中継すること自体広島の平和活動の歴史の中できわめて珍しいものです。

当日は朝10時を第1回としておよそ1時間毎に計9回のライブ配信を予定しています。弊会のボランティアが慰霊碑の説明を行う他、代表の小倉桂子、会員の二川一彦が被爆体験に基づく平和へのメッセージを語ります。

目的・背景

HIPは、毎年、8月6日の平和式典終了後、「英語による被爆体験講話会」を開催し、被爆者から直接、英語で被爆体験を聴くことのできるイベントを行なってきました。

今年度は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、本講話会の開催を中止し、8月6日の広島平和記念公園で、英語による慰霊碑や建造物の紹介、被爆体験証言を全世界にライブ配信します。公園内にある大小様々な慰霊碑や建造物、それにまつわる多くのドラマやエピソードを交えながら、また被爆体験の証言を通して、公園のもつ平和へのメッセージ、ヒロシマの心を全世界の人々に広く伝えていきます。

プログラム (変更の可能性あり)

10:00~小倉代表から平和メッセージ
10:30〜ガイド: 原爆死没者慰霊碑~平和の灯~平和の池~原爆の子の像~原爆ドーム
11:30~ガイド: 平和乃観音像~韓国人原爆犠牲者慰霊碑〜供養塔〜平和の鐘
13:00〜胎内被爆者からのメッセージ (二川一彦)
14:10~ガイド: バーバラ レイノルズ〜ノーマン カズンズ〜ジュノー博士各慰霊碑
15:00~紙芝居「ケイコの8月6日」(小倉代表の被爆体験を元に高校生たちが制作)
16:30~ガイド: レストハウス~動員学徒慰霊塔
17:40〜ガイド: 万代橋(南方特別留学生)
18:30〜灯篭流し

なお、最終的なプログラムは後日HIPのホームページに掲載しますので、それをご確認ください。8月5日更新。

視聴方法

・YouTubeで次のURLを開く
 https://www.youtube.com/channel/UCNrNPHYIDjln9sthpaYwnpA
 または
 https://bit.ly/hiplive
・「Hiroshima Interpreters for Peace」チャンネルが表示されていることを確認
・配信開始時間になったら目的の動画のサムネールをクリック(タップ)する

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) とは

平和のためのヒロシマ通訳者グループ(HIP)は、ボランティアの通訳者・ガイドのグループとして、英語による平和をテーマにしたボランティアガイドを行っています。主な活動は、海外からヒロシマを訪れる外国人のために平和記念公園や平和記念資料館を案内しています。また、英語で被爆体験を証言できる被爆者が海外から来る生徒・学生に被爆体験を語る活動も行なっています。代表は小倉桂子。会員数は220名。

連絡先

山田順二(HIP事務局長)
E-mail: お問い合わせフォームへ
URL: https://www.hipj.org/

【お知らせ】

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、全ての活動を自粛しております。 活動の再開については、状況を踏まえてホームページ等でお知らせ致しますのでよろしくお願いいたします。

Due to concerns over the spread of Coronavirus, we refrain our activity now.
The updates of our event will be announced on our website.
Thank you for your understanding.

【お知らせ】

新型コロナウイルス感染症による状況を考慮し、3月の平和公園ガイドは行っておりません。

4月以降については、状況に応じて対応していく予定です。

コロナウイルスの早期終息と皆様のご健康をお祈りいたします。

Because of the novel Coronavirus outbreak, we can’t accept English Tours of Peace Memorial in March.

We hope things will return to normal soon.

【3月例会】

3月の例会は、新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、出席者の安全性を最優先し、開催を中止することと決定いたしました。

予定していた「切明千枝子さんの被爆証言」は4月以降の例会で取り上げる予定です。

2月例会 宇吹曉さんのご講演

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。今回は、宇吹曉さんにご講演をしていただきます。
是非ご出席くださいますようご案内いたします。 宇吹暁先生 :  1946年広島県呉市出身。1969年京都大学文学部史学科国史学専攻卒業。

職歴:京都府立総合資料館(1969年4月臨時職員。東寺百合文書<2015年10月10日に世界記憶遺産に登録>の整理業務に従事)、広島県立音戸高校(1969年10月臨時任用教諭)、広島県史編さん室(1970年4月。『広島県史 原爆資料編』などの編さん事務)。広島大学原爆放射能医学研究所附属原爆被災学術資料センター(1976年助手、助教授)、広島女学院大学生活科学部(2001年教授)。

2011年に退職。以後、所蔵資料の終活に専念。

主著:『ヒロシマ戦後史-被爆体験はどう受けとめられてきたか』(岩波書店、2014年刊)。

個人サイト:「ヒロシマ遺文」(2018年開設)

https//hiroshima-ibun.com/

 【2月例会】
日 時 2020年2月8日(土)13:30~15:30
     *2月の開催は第2週目の土曜日となっておりますのでご注意ください。

会 場 広島国際会議場 3F 研修室 2 
講 師 宇吹曉さん
テーマ 「ヒロシマの過去・現在」    
参加費 300円

出席ご希望の方は、次のフォームにて、お名前とご連絡先を明記の上、例会出席とのご連絡をください。
http://www.hipj.org/about/contact    

1月例会

1月例会は、HIP会員が新年を迎えて初めて顔合わせをする日なので、親睦の意味も兼ねて、会員の皆さんのHIPへの思いやご意見、ご自分の抱負などを忌憚なく話していただきます。また、その中で2020年の例会で取り上げたいテーマについても話し合います。どのような方のお話しが聞きたいか、どこに見学に行きたいか、色んなアイディアと希望をもちよってください。1年間の活動計画を全員で話し合います。

【1月例会】日 時 2020年 1月18日(土) 13:30~15:30
場 所 アステールプラザ(中区民文化センター)4 階美術工芸室     http://h-culture.jp/access/
*会場の都合上、今回は例会会場が変更になっています。

テーマ 
1.HIPへの思い、意見、自分の抱負
2.フィールドワークで行きたい場所、希望招聘講師(グループ検討・発表)
3.その他(スタッフより報告)参加費 300円

国際フェスタ フォローアップ

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) では、国際フェスタ2019プログラム「ひろしまを英語でガイド」のフォローアップとして、2019年11月30日、「英語による平和公園フィールドワーク」を開催いたします。
「ひろしまを英語でガイド」出席者以外の方も参加できます。
英語による平和公園フィールドワークでは、まず広島国際会議場の研修室でHIPが作成したテキスト『HIPの平和公園ガイド』を使用し、HIPでボランティアガイドをしている会員が全般的な解説をします。
後半は、5~10人の小グループに分かれ、HIP会員がガイドとなり、平和公園で主な慰霊碑のポイント解説と案内練習を行います。午後3時半頃原爆ドーム前で解散の予定です。

【英語による平和公園フィールドワーク】
日 時: 2019年11月30日(土) 13:30 ~15:30
場 所: 広島国際会議場 3階 研修室2 (広島平和公園内)
定 員: 40人(HIP会員をのぞく)
テキスト: 『HIPの平和公園ガイド』(日英対訳、音声CD付き)
参加費: 1,000円(テキスト代900円分を含む)
    ※テキスト持参の場合は300円  

10月例会 「ひろしまを英語でガイド」準備

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。

是非ご出席くださいますようご案内いたします。

今回は、11月17日(日)に開催される国際フェスタ2019(国際交流・協力の日イベント)、プログラム「ひろしまを英語でガイド」の準備会を行います。

プログラム進行の確認、役割分担、小グループ会話練習における進行の確認などを行います。

【10月例会】

日 時 2019年10月19日(土) 13:30~15:30

場 所 広島国際会議場 3階 研修室 2

テーマ 「ひろしまを英語でガイド」準備

9月例会 志賀賢治さんのご講演

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。今回は、元広島平和記念資料館館長志賀賢治さんにご講演をしていただきます。
是非ご出席くださいますようご案内いたします。  
【9月例会】
日 時 2019年9月21日(土)13:30~15:30
会 場 広島国際会議場 3F 研修室 2 
講 師 志賀賢治さん
テーマ 「現在の展示の問題点・海外からの来館者の資料館の見方・等々」