2月例会 宇吹曉さんのご講演

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。今回は、宇吹曉さんにご講演をしていただきます。
是非ご出席くださいますようご案内いたします。 宇吹暁先生 :  1946年広島県呉市出身。1969年京都大学文学部史学科国史学専攻卒業。

職歴:京都府立総合資料館(1969年4月臨時職員。東寺百合文書<2015年10月10日に世界記憶遺産に登録>の整理業務に従事)、広島県立音戸高校(1969年10月臨時任用教諭)、広島県史編さん室(1970年4月。『広島県史 原爆資料編』などの編さん事務)。広島大学原爆放射能医学研究所附属原爆被災学術資料センター(1976年助手、助教授)、広島女学院大学生活科学部(2001年教授)。

2011年に退職。以後、所蔵資料の終活に専念。

主著:『ヒロシマ戦後史-被爆体験はどう受けとめられてきたか』(岩波書店、2014年刊)。

個人サイト:「ヒロシマ遺文」(2018年開設)

https//hiroshima-ibun.com/

 【2月例会】
日 時 2020年2月8日(土)13:30~15:30
     *2月の開催は第2週目の土曜日となっておりますのでご注意ください。

会 場 広島国際会議場 3F 研修室 2 
講 師 宇吹曉さん
テーマ 「ヒロシマの過去・現在」    
参加費 300円

出席ご希望の方は、次のフォームにて、お名前とご連絡先を明記の上、例会出席とのご連絡をください。
http://www.hipj.org/about/contact    

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.