3月例会「アメリカの子どもたちに折り紙と被爆体験を伝える」

■HIP 3月例会のお知らせ

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。是非ご出席くださいますようご案内いたします。

今回は、ネバー・アゲイン・キャンペーン(NAC)の民間平和大使として米国ミネソタ州ミネアポリスに一年間滞在し、主に小中学校・高校を訪問して、日本文化を紹介し被爆の実相を伝える活動をしてこられた吉清由美子さんに体験を伺います。

このほか、HIPスタッフの渡田正広さんがアフリカのナイロビで開催された世界社会フォーラムに参加してこられましたので、吉清さんの講演の前にお話しをしていただきます。

【3月例会】
日 時 2007年3月17日(土) 13:30~15:30
場 所 広島国際会議場 3階 研修室
テーマ ナイロビの世界社会フォーラム(WSF)2007に参加して
講 師 渡田正広さん
テーマ アメリカの子どもたちに折り紙と被爆体験を伝える
講 師 吉清由美子さん(ネバー・アゲイン・キャンペーン)
参加費 300円
連絡先 Email: hipstaff@hipj.org

返信には、次のフォームをコピー&ペーストし、hipstaff@hipj.org 宛に「例会出欠-○○○○」(○○○○にはお名前)というタイトルでメールをお送りいただきますようお願いいたします。【締切は例会前日】です。

なお、出欠の返事を出していなくても例会には出席できます。
———————————————————————
お名前:

※該当する[ ]内に○印。
3月17日例会:         [ ] 出席  [ ] 欠席  [ ] 未定

メッセージ:

———————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です