Special A-Bomb Testimony on August 6, 2018

Hiroshima Peace Memorial Museum is holding Special A-bomb Testimony in International Conference Center Hiroshima at 10 a.m., August 6. Three atomic bomb survivors (Hibakusha) will be talking their experiences of the bombing in ENGLISH. One of them is Keiko Ogura, the director of Hiroshima Interpreters for Peace. This is a rare opportunity for foreigners to communicate with Hibakusha. Check out the handout at the URL below:

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP)では、8月6日、英語による被爆体験講話会を開催します。3人の被爆者が自らの被爆体験を英語で語ります。主催は平和文化センターで、プログラム運営担当がHIPとなります。参加費は無料です。外国人の方の聴講を心からお待ちしております。ぜひ広くご案内ください。

なお、証言は11:00までですが、終了後、被爆者と直接話したい外国人の方のために自由参加の参加者交流会を行います。

▽英語による被爆体験講話会
日 時:2018年8月6日(月)10:00~12:30
会 場:広島国際会議場 地下2階 コスモス
参加費:無料

10:00-11:00 被爆証言 荒木史子さん、二川一彦さん、小倉桂子さん
11:00-11:10 休憩
11:10-12:10 参加者交流会(自由参加)
12:15-12:30 松井広島市長による平和宣言(英語)

Special A-bomb Testimony 2018 (PDF)

1 thought on “Special A-Bomb Testimony on August 6, 2018

Leave a Reply to Rita Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.