HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

朝日新聞-「平和」を通訳25年

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の活動が、2009年12月2日、朝日新聞広島版で紹介されました。記事は「『平和』を通訳25年」と題されています。以下、朝日新聞からの転載です。

「被爆地・広島を訪れる外国人たちを英語で案内してきた市民団体「平和のためのヒロシマ通訳者グループ」(HIP)が今月、創立25周年を迎えた。冷戦期の1984年暮れ、被爆地の思いを正確に伝えようと、市民約20人が結集したのがはじまり。手作りの事典やガイドブック刊行を重ね、近年は市民ガイド養成にまで活動の幅を広げている」

詳しくは「続き」をご覧ください。

平和を考える 【ピース@ヒロシマ】

「平和」を通訳25年

2009年12月02日

国際交流・協力の日 2009年11月15日

小倉桂子さん(中央)を囲み、例文を練習する人たち=11月15日、広島市中区の広島国際会議場

■世界へ思いよ伝われ

被爆地・広島を訪れる外国人たちを英語で案内してきた市民団体「平和のためのヒロシマ通訳者グループ」(HIP)が今月、創立25周年を迎えた。冷戦期の1984年暮れ、被爆地の思いを正確に伝えようと、市民約20人が結集したのがはじまり。手作りの事典やガイドブック刊行を重ね、近年は市民ガイド養成にまで活動の幅を広げている。(加戸靖史)

「国際交流・協力の日」の11月15日、広島国際会議場(広島市中区)の一室で、HIPの市民向け講座「ひろしまを英語でガイド」が幕を開けた。広島平和文化センターが国際交流・協力の日を定めた00年から続いており、今年で10回目になる。

「ガイドには、『三つのH』が大切です」。HIP代表の小倉桂子さん(72)=広島市中区=が参加者に語りかけた。広島(Hiroshima)、心(Heart)、健康(Health)。「広島を愛し、心を込めて案内すること。それには健康でないと」。どこかユーモアがにじむ小倉さんの言葉に、参加者の緊張が一気にほぐれた。

HIPの会員は現在約90人。20代の学生から80代の定年退職者まで顔ぶれは幅広い。外国人の団体客を中心に年間20件程度のボランティアガイドを務める一方、毎月1回、被爆者や平和団体のリーダーらを講師に招く勉強会を重ねる。事務局長の山田順二さん(47)=広島市西区=は「一人ひとりが広島を伝える『語り部』になることを目指しています」と話す。

8歳で被爆した小倉さんがHIPを結成したのは被爆40周年を翌年に控えた84年暮れだった。夫で元平和記念資料館長の馨さんは堪能な英語を生かし、海外を駆け回った。夫が79年に急逝した後も広島訪問を希望する海外のジャーナリストらからの通訳・取材協力依頼は増え続けていた。

「一人ではとうてい無理。志を同じくする多くの人と一緒に広島の思いを伝えたい」という小倉さんの呼びかけに、当時学生だった山田さんら約20人が集まった。

まず手がけたのは基礎資料になる「ヒロシマ事典」の刊行。小倉さんは「ワープロもパソコンもない時代。みんなで泊まり込んで編集作業をしたものです」と懐かしむ。85年に刊行。原爆や平和、広島に関する約1千項目をまとめた和英の事典は当時例がなく、大反響を呼んだ。

新たな仲間も増えてきた。原爆で父と弟を亡くし、自らも被爆した府中町の平井昭三さん(80)もその一人。「ぼけ防止に」と70歳を過ぎてから始めた地元の英会話教室でカナダ人講師に「被爆者なら、ぜひ外国人に体験を語るべきだ」と勧められた。

平和記念公園で初めて自らの体験を語った05年8月、たどたどしい英語にもかかわらず、外国人の輪ができ、語り終えると握手を求められ、肩をたたかれた。講師の紹介でその後HIPに入り、今年8月6日も多くの外国人を前に証言した。「活動を通じ、真実を伝えることの大切さを知った。人生が残り少ない自分が少しでも役立てば」と平井さんは力を込める。

HIPのホームページはhttp://www.hipj.org/。問い合わせはメール(hipstaff@hipj.org)で。

コメントは受け付けていません。