HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

2000年度の活動報告

2000年度に行った例会のテーマ
 HIPでは毎月1回例会を開催し、原爆・平和問題の学習をしています。
2000年度に行った例会のテーマは次の通りです。

 ・4月「資料館案内と説明」畑口実さん(平和記念資料館館長)
 ・5月「米軍占領下のプレスコード」伊藤真理子さん(詩人)
 ・6月「平和記念資料館案内案内資料」の検討
 ・7月「平和記念資料館案内資料」の検討
 ・8月「ヒロシマデー・ミレニアム・ナイト」(8月6日)
 ・9月「佐々木禎子さんに関するビデオ鑑賞」
 ・10月「国際交流・協力の日のイベントの資料づくり」
 ・11月「インド・パキスタンにヒロシマを伝える」スティーブン・リーパーさん
  (グローバル・ピースメーカーズ・アソシエーション代表)
 ・12月「国際交流・協力の日」のHIP担当講習会「ひろしまを英語で ガイド」の資料原案検討&クリスマス会
(2001年)
 ・1月「国際交流・協力の日イベント」
 ・2月「宮本慶子さんの渡米報告会」&「国際交流・協力の日についての評価」
 ・3月「2001年度のHIPの活動内容、例会のプログラムや曜日・時間帯等について」

通訳勉強会
 平和関連の通訳を練習するため、HIPのメンバーで定期的に勉強会を開催しました。
教材は、”I Know War — Allen Nelson Cries Out for Peace” アレン・ネルソンの「戦争論」(英日対訳、500円)を使用しました。
海兵隊員としてベトナム戦争を経験したネルソン氏が「平和」を訴えかける講演を英語で聞き、日本語で通訳。
この勉強会を通して、実際に戦争を体験した人の人生、体験、主張を聞くことによって、戦争と平和について考えるよい機会となりました。

HIP Night(親睦会)
会員同士の親睦を図るため、HIP Night(懇親会)を開催しています。
 2000年9月に開いた HIP Night からの一こま。会場は中区三川町の欧風IZAKA屋「ラベニュー」。異国情緒たっぷりの空間で無国籍料理を楽しみながら、8月の様々な活動について、見たこと・感じたことを話し合いました。

 2000年12月のクリスマス会。会場は、中区富士見町のビストロ「ステラ」。2001年のHIPの活動について話し合いました。

コメントは受け付けていません。