HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

2002年度活動報告

HIPでは毎月1回例会を開催し、原爆・平和問題の学習をしています。
2002年度に行った例会のテーマは次の通りです。

(2002年)
  4月20日 「ポーランドの文化について」、Anka Siewiera さん
  5月18日 「『ヒロシマ事典(和英)』の解説」、山田順二(HIP事務局長)
  6月15日 「被爆体験講和」、中山武子さん ※当日病気のため欠席
  7月13日 「私の見たパレスチナ」、塩出香織さん(HIP会員)
  8月 5日 「ヒロシマ・ピースナイト2002」…英語による碑めぐり
  9月21日 「港町宇品共和国の活動について」、西村真紀さん(港町宇品共和国)
 10月19日 「戦前の原爆ドームについて」、槙田千鶴枝さん
 11月16日 「倉敷市美観地区、チボリ公園」見学
 12月14日 「忘年会」、出雲寿司(いずもずし)
(2003年)
  1月18日 「2003年の活動計画」
  2月15日 「被爆証言翻訳についての勉強会」
  3月15日 「9.11後の米国でヒロシマを伝える」、野上由美子さん(HIP会員、NAC平和大使)

コメントは受け付けていません。