HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

5月21日 兒玉光雄さん「放射線と闘う至近距離被爆者・命の記録」

【5月例会―兒玉光雄さん「放射線と闘う至近距離被爆者・命の記録」】

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。
今回は、広島市被爆体験証言者の兒玉光雄さんにお話を伺います。

■兒玉光雄さん―爆心地近く 友多く失う
私は12歳・中学一年生の時、爆心地から僅か800メートル余りの処にあった古い木造平屋校舎内で被爆しました。多くの級友達は爆風圧死、熱線焼死や急性原爆症等で苦しみながら亡くなっていきました。
当時一年在校生300名余の内、被爆から奇跡的に生還し、小康状態を得て復学できた友は19名でした。しかしその友たちも、次々と放射線障害と思われる病で倒れていき、80歳を越えることが出来た者は僅かに2名。その生かされた者も、「重複癌」と闘う不安な毎日を送っています。
(著書「被爆者-ヒロシマからのメッセージ」 より)

*兒玉さんについては以下のサイトもご覧になれます:
 http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=31393&query=%E5%85%90%E7%8E%89%E5%85%89%E9%9B%84 

【5月例会】
日 時 2016年5月21日(土)13:30~15:30
会 場 広島国際会議場 3階 研修室 2 
講 師 兒玉光雄 さん
テーマ 放射線と闘う至近距離被爆者・命の記録
参加費 300円
締 切  例会前日

出席ご希望の方は、次のフォームにて、お名前とご連絡先を明記の上、例会出席とのご連絡をください。
http://www.hipj.org/about/contact

コメントは受け付けていません。