HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

6月15日例会 WFC共同館長 ラリー・シムズさん/ジョアン・シムズさん 講演

今回は、ワールド・フレンドシップ・センターの共同館長、ラリー・シムズさんとジョアン・シムズさんを講師にお迎えします。 

ジョアンさんとラリーさんは2011年5月、福島の原発事故の2ヶ月後、心配する家族、友人たちもいる中、オレゴン州から、ワールド・フレンドシップ・センターの館長として広島に来られました。今年7月1日に帰国されますが、着任から2年間は、センターの理事やメンバーの方々など周囲の人たちが驚くほど精力的な活動をされてこられたそうです。ラリーさんは、元エンジニアで、専門は環境工学・原子・核技術方面。ジョアンさんは、Leadership(指導者論)で博士号取得され、広島で継続研究中。小学校・大学・大学院での教職経験をお持ちです。

当日は、パワーポイントを使って、WFCの活動紹介・なぜ広島にやってきたか・学術研究“the City of Hiroshima as a leader in Peace”について約1時間英語でお話しいただきます。興味深いお話が聞けることと思います。 講演の後参加者の皆さんと質疑応答の時間も設けております。 

【HIP 6月例会】
日 時 2013年6月15日(土) 13:30 -15:30
場 所 広島国際会議場3階 研修室2
テーマ 1 ワールド・フレンドシップ・センターの活動紹介
    2 広島に来られた動機
    3 学術研究”the City of Hiroshima as a leader in Peace”について
講 師 ワールド・フレンドシップ・センター共同館長 ラリー・シムズさん、ジョアン・シムズさん
参加費 300円
締 切 例会前日

コメントは受け付けていません。