HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

2月16日 ロベルト・ユンクと小倉馨-ヒロシマを世界に伝えた二人

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。

2013年2月16日(土)13時半より、戦後アメリカとヨーロッパで活躍したドイツ人ジャーナリスト、ロベルト・ユンクと彼の広島での取材活動を全面的にバックアップした広島市職員小倉馨との交流と、彼らがヒロシマを世界に伝えた功績についてHIP代表の小倉桂子さんにお話しいただきます。

ロベルト・ユンクは1957年、「ヒロシマの家」のフロイド・シュモーの紹介状をもって来広。小倉馨の通訳により広島を取材しました。小倉はその後2年半にわたりA4版で750枚以上のレポートをユンクに送り続けました。小倉馨はその後、小倉桂子さんと結婚。広島市長室次長や広島平和記念資料館館長を務めました。

小倉馨が1979年に夭折した後、1980年にユンクは5回目の来広を果たし、通訳として小倉桂子さんを採用します。実は、これがHIP誕生のきっかけとなるのです。

広島平和記念資料館では、2月15日~3月28日の会期で、ロベルト・ユンク生誕100周年記念資料展が開催されます。こちらも合わせてご覧下さい。

【2月例会】

日 時 2013年2月16日(土) 13:30~15:30
場 所 広島平和記念資料館 地下 会議室 2
テーマ ロベルト・ユンクと小倉馨-ヒロシマを世界に伝えた二人
講 師 小倉桂子さん(平和のためのヒロシマ通訳者グループ代表)
参加費 300円
連絡先 Email: hipstaff@hipj.org返信には、次のフォームをコピー&ペーストし、hipstaff@hipj.org 宛に「例会出欠-○○○○」(○○○○にはお名前)というタイトルでメールをお送り
いただきますようお願いいたします。【締切は例会前日】です。
なお、連絡があると助かりますが、連絡なしでも出席していただいて結構です。

———————————————————————
お名前:

※該当する[ ]内に○印。
2月16日例会:  [ ] 出席  [ ] 欠席  [ ] 未定

メッセージ:

———————————————————————

コメントは受け付けていません。