HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

7月21日 フロイド・シュモー氏とヒロシマの家

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。

今回は、フロイド・シュモーさんの「ヒロシマの家」を語りつぐ会代表の今田洋子さんにヒロシマの家を建てたシュモー氏の活動についてお話を伺います。

森林学者のフロイド・シュモー氏は、広島・長崎への原子爆弾の投下に良心が傷つき、住居を失った広島の人々へ家を建てることを計画しました。
資金の募金活動を行い、1949年8月、シュモー氏は仲間とともに最初の家の建設を始めました。シュモー氏は広島で21戸の住宅や集会所を建て、その功績が称えられ「広島市名誉市民」の称号が贈られました。

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/virtual/VirtualMuseum_j/exhibit/exh0708/exh070807.html

例会後半は、8月6日(土)午前中に広島平和記念資料館地下会議室で開催される「英語による被爆体験講話会」の準備を行います。今年の証言者は、小倉桂子さん、荒谷勲さん、平井昭三さん、広澤澄子さんの4人を予定しています。

【7月例会】
日 時 2012年7月21日(土) 13:30~15:30
場 所 広島国際会議場 3階 研修室
テーマ1 フロイド・シュモー氏とヒロシマの家
講 師 今田洋子さん(フロイド・シュモーさんの「ヒロシマの家」を語りつぐ会代表)
テーマ2 「英語による被爆体験講話会」準備
参加費 300円
連絡先 Email: hipstaff@hipj.org

返信には、次のフォームをコピー&ペーストし、hipstaff@hipj.org 宛に「例会出欠-○○○○」(○○○○にはお名前)というタイトルでメールをお送りいただきますようお願いいたします。【締切は例会前日】です。
なお、連絡があると助かりますが、連絡なしでも出席していただいて結構です。

———————————————————————
お名前:

※該当する[ ]内に○印。
7月21日例会: [ ] 出席  [ ] 欠席  [ ] 未定

メッセージ:

———————————————————————

コメントは受け付けていません。