HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

9月18日例会 旧日銀広島支店・袋町小学校平和資料館見学

今回前半の時間帯に見学を予定している旧日銀広島支店は、現存する被爆建物の一つであり、広島市指定重要文化財・遺構として一般に公開されています。 また、芸術文化活動拠点としても利用されており、 施設は日銀が所有し、広島市が運営管理しています。

日本銀行広島支店は、爆心地から380mのところに位置しています。被爆時1階と2階は日本銀行が9時開始だったため鎧戸を閉じており、内部の大破を免れました。 3階の国税局は8時始まりだったため、鎧戸を開けていて大破全焼しました。

見学の場所としては、地階の金庫室、2階の食堂、支店長室、支店長応接室などです。 特に案内人はいませんが、各部屋には被爆前後の写真や説明版がありますので各自自由に見学していただきます。 支店長室の隣の部屋では、ビデオの鑑賞(20分)もできます。

旧日銀広島支店

例会の後半は、袋町小学校平和資料館を見学します。

爆心地から460mの位置にある袋町小学校は、原爆で大きな被害を受けました。当時多くの児童は疎開により被災を免れましたが、残っていた児童のほとんどが一瞬にして命を失いました。 木造校舎は全て倒壊し、唯一鉄筋コンクリートだった西校舎内だけが外部のみ原型を留めました。 被爆直後から被害者の救護所として利用された西校舎内の壁面には、被害者の消息を知らせる「伝言」が数多く記され、現在も残っています。松永 仁さん(袋町小学校平和資料館運営協力員)に同資料館の細説と案内をしていただきます。

袋町小学校平和資料館

※会場がいつもの国際会議場ではなく、集合場所が旧日本銀行広島支店1階になっています。 ご注意ください。

【9月例会】
日 時: 2010年9月18日(土) 13:30~15:30
[13:30~14:20] 旧日本銀行広島支店見学
     -徒歩にて会場を移動ー
[14:30~15:30] 袋町小学校平和資料館見学
同資料館内解説・案内: 松永 仁さん(袋町小学校平和資料館運営協力員)
参加費: 300円
連絡先: Email: hipstaff@hipj.org

返信には、次のフォームをコピー&ペーストし、hipstaff@hipj.org 宛に「例会出欠-○○○○」(○○○○にはお名前)というタイトルでメールをお送りいただきますようお願いいたします。【締切は例会前日】です。※欠席の連絡は不要です。

———————————————————————
お名前:

※該当する[ ]内に○印。
9月18日例会: [ ] 出席  [ ] 未定その他

メッセージ:

———————————————————————

コメントは受け付けていません。