HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

1月例会「劣化ウラン弾被害の現状と禁止運動」

■HIP 1月例会のお知らせ

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) の例会を下記の予定で開催いたします。是非ご出席くださいますようご案内いたします。

今回は、強い放射能をもつ劣化ウラン弾により引き起こされた健康被害と同兵器の禁止をめざす国際的な運動について、神戸大学教授の嘉指信雄さんにお話を伺います。嘉指さんは市民団体「NO DU ヒロシマ・プロジェクト」の代表で、2006年8月初めに広島で開催される劣化ウラン弾禁止国際会議の準備を進めていらっしゃいます。また、HIPにも語学面での支援を求めていらっしゃいます。

【1月例会】
日 時 2006年1月21日(土) 13:30?15:30
場 所 広島国際会議場 3階 研修室
テーマ 劣化ウラン弾による被害の現状および使用禁止に向けた国際運動
講 師 嘉指信雄さん
参加費 300円
連絡先 Email: hipstaff@hipj.org

返信には、次のフォームをコピー&ペーストし、hipstaff@hipj.org 宛に「例会出欠?○○○○」(○○○○にはお名前)というタイトルでメールをお送りいただきますようお願いいたします。【締切は例会前日】です。

———————————————————————
お名前:

※該当する[ ]内に○印。
1月21日例会:         [ ] 出席  [ ] 欠席  [ ] 未定

メッセージ:

———————————————————————

コメントは受け付けていません。