HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

中国新聞「平和公園、英語冊子でガイド」

『HIPの平和公園ガイド』出版が中国新聞の6月29日(水)朝刊に掲載されましたのでお知らせいたします。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200506290005.html より全文引用。

—————-

平和公園、英語冊子でガイド ’05/6/29

「HIPの平和公園ガイド」を作ったペグラムさん(左)と小倉代表 市民団体の「平和のためのヒロシマ通訳者グループ」(HIP)は二十八日、日本語と英語で平和記念公園(広島市中区)と周辺を案内する冊子「HIPの平和公園ガイド」と、内容を英語で吹き込んだCDをセットで発売した。

A5判、五十四ページの冊子は、公園内にある被爆アオギリや原爆の子の像、原爆供養塔、原爆ドームなど二十一カ所を紹介。見開き左右のページを日英対訳とし、日本語を確認しながら英語でガイドできるよう工夫した。外国人観光客が単独で公園内を回れるよう、文章と対照できる番号付きの地図も掲載。CDは、モデルコースを約一時間かけて巡る想定で編集した。

グループの小倉桂子代表(67)は「若い人も、外国人の案内に勇気を持って取り組んでほしい」と利用を呼び掛ける。CDを吹き込んだメンバーの英国人スー・ペグラムさん(51)は「今年夏に帰国したら、家族や友人にも紹介したい」と話していた。

初版は千セットを作り、市内の書店で販売する。注文も受け付ける。税別で九百円。事務局Tel070(5672)0014。

【写真説明】「HIPの平和公園ガイド」を作ったペグラムさん(左)と小倉代表

コメントは受け付けていません。