HIPは
ボランティアのガイド・通訳者のグループです。英語の得意、不得意に関わらず、一人ひとりがヒロシマの事実を語り継ぐ語り部になることをめざしています。まずは「ご入会の前に」をお読みください。ボランティアガイド派遣をご希望の方は「ガイド派遣依頼書」をご覧ください。
HIPのウェブアルバムに活動の写真を掲載しています。
For English Speakers
Please find out our goals and activities at our English Site.
カテゴリー
アーカイブ

2月例会 田城明さん講演会

■HIP 2月例会のお知らせ

平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) 例会を下記の予定で開催いたします。
是非ご出席くださいますようご案内いたします。

今回は、中国新聞編集委員でいらっしゃる田城明さんに「問われるヒロシマ–21世紀の指針に向けて」と題して劣化ウラン弾のことや、核超大国の放射能汚染実態など様々なテーマは簡単に触れながら、「ヒロシマの持つ意味」を中心に話し頂きます。

田城さんの著書は数多くありますが、『知られざるヒバクシャ劣化ウラン弾の実態』(大学教育出版・2003年刊)や『現地ルポ 核超大国を> 歩く』(岩波書店・2003年刊)などを読んでいただくと、皆様にとってより興味深い講演になることと思います。どちらも主要な書店で手に入れることができます。

ま た、現在取り組んでいらっしゃる被爆60周年プロジェクト「広島世界平和ミッション」(広島国際文化財団主催)ではホームページを立ち上げているので、是非ご覧下さい。アドレスは以下の通りです。
http://www.chugoku-np.co.jp/hwpm/

【2月例会】
 日 時 2004年2月21日(土) 13:30?15:30
 場 所 国際会議場 3階 研修室
 テーマ 田城明さん講演会
 参加費 300円
 連絡先 Email: hipstaff@egroups.co.jp
     TEL: 082-222-6103 (小倉), 070-5522-5375 (山田)

コメントは受け付けていません。